実践したい節約術!電気代をお得にする方法

あなどれない!待機電力の節約

電気代の節約術で待機消費電力を節約する方法は最も簡単で有名な方法ですよね。ただ、待機電力を節約した所で…と思っている方も多いのではないでしょうか?実は家庭の待機電力は月々の電気代の1割を占めています。電気代が高い家庭ほど待機電力を節約する恩恵を受けられるんです。
具体的な節約方法としては節電タップを使うのがオススメです。待機電力節約のために、毎回コンセントを抜くのも手間がかかります。節電タップならタップのスイッチを切るだけで待機電力をカットできます。それとブレーカーごと電源切るのもオススメです。ブレーカーは部屋ごとに設定されているので、余り使わない部屋のブレーカーを切れば待機電力をカットできます。数日家を空けるようなときは冷蔵庫のあるキッチンだけ残してブレーカーを切れば節約になります。

電力会社との契約見直し節約術

電気代には基本使用料が含まれていて、これは電力会社との契約アンペアによって変わってきます。契約アンペアが大きくなれば基本使用料も上がるので、現在のアンペア数が妥当かどうか見直す必要があります。契約アンペア数はプレーカーか電気使用量のお知らせに記載されています。電力会社に連絡すれば基本的には無料で変更してくれます。
契約アンペア以外にプランの見直しで節約できる場合もあります。殆どの家庭は電力会社と従量電灯という24時間同じ電気代のプランで契約しています。電力会社によっては昼間の電気代を高くする代わりに、夜間の電気代を安くするナイトプランが用意されています。ナイトプランを使えば、夜型生活の方などは劇的に電気代の節約が可能になります。